会社経歴


会社沿革


昭和54年
1月
岡崎鑛産物株式会社とドイツヒュッテナス-アルバータスヘミッシェヴェルケゲーエンベーハーとの合弁会社として設立。
資本金1,000万円。
5月 資本金を3,000万円に増資。
8月 資本金を1億6,000万円に増資。
11月 大阪工場完成フラン樹脂、フェノール樹脂の製造を開始。
昭和55年
9月
資本金を2億円に増資。
昭和56年
7月
大阪工場第2期工事完了。
昭和59年
6月
第6回GIFA(ドイツ)参加。
昭和63年
9月
大阪工場ミニリアクター(300L)設置。
平成2年
3月
有機自硬性硬化剤自動供給装置(アクティベーター・オートフィーダー)を他社に先駆けて開発、好評を博する。
9月 シノサーム懇談会開催大阪ロイヤルホテル需要家126名を招待新製品レッドセット(アセタール硬化中子造型法を発表、ドイツHA社Dr.Torbusがプレゼンテーションを行う。
平成6年
6月
第8回国際鋳造フェアGIFA94に需要家30名からなる「オカザキHAミッション」を派遣。
平成9年
5月
福島県二本松作業所完成。
11月 ドイツHA社開発環境対応型バイオHAニューコールドボックス96システムを日本に紹介(ドイツ特許)。
12月 上記コールドボックス用水性塗型剤アルコパルを日本に紹介。
平成10年
5月
日本鋳造工学会第132回全国大会(大阪国際交流センター)にドイツHA社社長ウイルヘルムクーガッツ氏(当時国際鋳物協会会長・ドイツ鋳物協会会長)を招聘し、同氏が特別講演を行う。
7月 バイオHAニューコールドボックス96システムの日本でのプレゼンテーションを開始。
HA社より鋳造技術者2名を招聘。樹脂(ガスハーツ)及び水性塗型剤アルコパル。
11月 環境対応新コールドボックスバインダー(ニューコールドボックス96システム)を岡崎鑛産物株式会社主任技師、加藤光雄氏が“JACTNEWS”誌上に発表。
平成11年
5月
上記樹脂(ガスハーツ)水性塗型剤アルコパル、大手自動車メーカーの中子製造ラインで本格採用に成功。
6月 第9回国際鋳造フェアGIFA99に参加。
フラン樹脂バイオHAニューコールドボックス96システム、水性塗型剤アルコパルをHA社と共同出展する。
平成12年
9月
環境対応型低ホルムアルデヒドフラン樹脂、LSタイプを開発、市販を開始。
平成14年
5月
資本金を3億円に増資。
7月 有限会社周南テクノクロムの営業譲渡を請け、クロマイトサンド及びPSサンドの製造を開始。
平成15年
6月
第10回国際鋳造フェアGIFA2003(ドイツ)に18人派遣。
平成18年
5月
大阪工場、物流倉庫設置、稼動。
7月 福島県二本松作業所を閉鎖。
8月 低ホルムアルデヒド・フラン樹脂 APEシリーズの開発販売。
平成19年
6月
第11回国際鋳造フェアGIFA(ドイツ)
「HAミッション」 20人派遣。

[戻る]